2009年05月23日

初恋の人からの手紙

人の心がもっとも揺れ動くとき、それは恋愛以外に考えられない。

俺と言う著名人が考えた言葉です。


私もいろんな恋愛経験をしてきました。

恋は人を臆病にさせる。

なーんてね。

今日初恋の人から数年ぶりに手紙が届いたので、ここで紹介したいと思います。


************************************************************

ゆき、ひさしぶり。
もう旅先で模造刀を買うクセは治りましたか?修学旅行の貴重なおみやげ代を模造刀に注ぎ込んだゆきを思い出すと笑ってしまいます。

>そんなこともありましたね。今考えると自分でも笑ってしまいます。

人の気持ちを考えないゆきが「女もやりたくて付き合ってるんだろ?」などと失言してお別れすることになったあの日から、もう10年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

>10年前俺は15歳です。ずいぶん達観したんですね、俺。まあ、月日が流れるのは早いというのは同感です。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

>はじめは驚いたけど、やっぱり嬉しいものですね。私も昔のことをいろいろと思い出しましたよ。

今振り返って考えてみると、結局ゆきって、私に興味がなかったんじゃないかなぁと思います。私から何も言わなければ連絡は全然くれないし、私がゆきの財布からお金を盗んでも気付かないくらい。あのころ寂しがっていた私に、慰めようとして「寂しいなら寂しいと思わなければいいんだよ」なんて言ってましたね。今でも子供じみているのかなぁと想像すると少し笑いがこみあげてきます。

>興味がないわけじゃないですよ。連絡しなかったのは私の強がりです。本当は声が聞きたくてしかたがなかったけど、自分からばかり連絡して気持ち悪いとか思われたくなくて。今思えば後悔しています。寂しいなら寂しいと思わなければいいなんていいましたっけ?ぬるま湯の冥利ですか?

そういえば私にとっては9人目の彼氏でも、ゆきにとっては初恋の相手なんですよね!今思い出した。そうそう、最初のころのゆきは「元カノからまだ連絡がくる。めんどくさい」なんて嘘ばっかり言ってて(笑)。妄想もそこまでいくかとこっちが恥ずかしくなったものです。

>そんな妄想したことねーよwでも、強がりはいいましたね。やっぱり弱みを見せるのは簡単じゃなくて、自分でもすごくやきもきしました。今考えるとたくさん迷惑かけてたんでしょうね。

付き合いはじめたころ、ゆきはいきなり「おれはおまえを最初で最後の女にするつもりはない」って言っていましたね。そういうことを平気で言えてしまうところ、今でもきっと変わらないんだろうなぁと想像すると、少し今のゆきの人間関係が心配になります。

>それも強がりですよ。心の中と言葉がいつも真逆になってしまいます。結局誤解ばかり生んで、あなたを傷つけただけじゃなく、結局私にも帰ってきてしまいました。あの時素直に心を開けたらもっとうまくやれてたんでしょうか?なんて、今言ってもしかたないですよね・・・

恋愛を総合的に考えれば、私はゆきと付き合えたことを、とても感謝しています。つらいことをつらいと思わなくなったのも、イライラをうまく忘れられるようになったのも、ゆきのおかげです。

>そういっていただけると、少し胸が軽くなります。

いろいろ書きましたが、私はゆきのことがそれでも好きでした。これからもゆきらしくいられるよう、そしてたまにはスーパー以外で洋服を買って(笑)、幸せをふりまいてください。

>私も好きでした。今はもうスーパーなんかで服は買っていませんよ。ユニクロです。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ゆきが貸してくれた秘孔の本(北斗の…)、もう売っていいですか?

>貸したことねーしwってか、お前俺の元カノじゃないだろ!この嘘つき野郎が!!!!

************************************************************

結局妄想してるし。本当に気持ち悪い、俺w

ちなみにこれは下のサイトの結果ですw

初恋の人からの手紙

もしも初恋の人から手紙をもらったら嬉しいですか?

俺は嬉しいですけど、たぶん来ても返さないでしょうねww

面倒だから。

なんだかんだで結果は結構合ってるのかもしれませんね。

ふふふ。
posted by ゆき at 23:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ブログを書かないことは不本意だが、どうでもいいことを書くのはもっと不本意である。

昨日友人の部屋で空の境界というアニメを見ていたら、寝てしまった。

他人の部屋で目覚めることほどアンニュイなことはない。

ましてや、一緒にアニメを見ているときに寝ることも失礼極まりないと思う。

そんなとき私は決まって目覚めてすぐに友達の部屋を立ち去る。

凹んでるから…。

************************************************************

最近休日が待ち遠しいと思わなくなった。

それは日々の楽しみを見つけられていないからである。

ちょっと前までは自転車に乗ることが楽しみで仕方がなかったが、のどを痛めてからは控えるようにしている。

すると、また自分の中に穴がぽっかり空いてしまう。

その穴を埋めるためには新しい楽しみが必要になる。

それは観葉植物であったり、ブログの更新であったりするのだが、最近はそれも面白いと思わなくなってきた。

ラジオをやっていたころはラジオをやるためにネタを探していたものだが、それも今ではなくなってしまった。

新しいことを始めるにもやる気がおきない、なんだろうこれは。


眠い。

眠ったまま22世紀を迎えたいなぁ。
posted by ゆき at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

日本の第一党は自民でも民主でもなくマスコミ

なんとなく友達のことを思い出したので、やふーで名前に検索をかけた。

その友人はアニメーターをやっている友達で、俺と同じ高校を卒業後、某アニメーション学院に通い、アニメータの道へ。

その後5年近くアニメを書いていたが、最近お金がなくなったため退職。

アニメーターの職業と言うのは想像を絶するほどの多忙であり、それに見合わぬ対価はたとえるならすずめの涙である。

そんな彼は一時的な休職をして、引越しのアルバイトを始める。

肉体は使えど時間的対価の高いアルバイトである。

がてん系の仕事は合わないとこぼしていた彼であったが、最近は連絡を取っていないためわからない。

話に聞くと、電話をしても出ないらしい。

いったい何をしているんだか?

**************************


高校のころはそれぞれの夢があり、それに向かってひた走っていたが、気がつくとそのころの夢とはかけ離れたところにたっているものである。

私の人生をいったい誰が予想していたであろうか?

高校のころは研究者にあこがれたが、現在では純粋な夢からかけ離れ金を追いかける毎日である。

尾崎の歌にあったな

「金か夢かわからない暮らしさ」

自分の人生なんて自分にもわからない、居酒屋で仲間同士でわかるわかるといっているが、いったい何がわかってるんだろうか?

そして、10年後の自分はどこにいるんだろうか?

あれ?タイトルとぜんぜん関係ないぞw
posted by ゆき at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。